新卒入社の“先輩のホンネ”

エステ・ステーションに新卒で入社した先輩が、学生時代の自分を振り返って、ホンネを告白。就活中の皆さんの参考になれば嬉しいです。

テーマ
「新卒採用で入社した私から学生時代のワタシへ・・・」


猪上

学生時代の勉強は未来の自分のために!

学生時代の記憶は、学校とアルバイトでとにかく忙しかったこと、そして、楽しいことばかりじゃなくて、テスト勉強も大変だったこと…(一番苦痛だった)
でも今思えば、勉強を頑張ってたつもりになってたことが多かったように思います。

学生時代に想像しているよりも、働きだしてから学ぶことのほうが多いのが事実!学校で勉強していると、心が折れそうになる時があるかもしれませんが、頑張ったことは絶対ムダにならないです。言い切れます!!
仕事が終わってからの勉強は、疲れていることもあって、なかなか思うようにできません。だから、学生時代は、未来の自分に楽をさせてあげる気持ちで、学校で学べるエステの勉強を精一杯頑張ってください!

いまのうちに遊んで、楽しんで!

実際にエステサロンで働くようになった今の私は、忙しくも充実した毎日を過ごしています♪ ですが、働きだした周りの友達とは、お互いなかなか時間が合わなくなり、会えることも少なくなりました。
学生のうちにしか出来ないこともあると思います。今のうちにいっぱい遊んで、いっぱい楽しんで、素敵な思い出を作ってくださいね。学生には一生戻れませんからね!
(神戸ベルェベル美容専門学校卒業)



土谷

学校の勉強はテストや検定のためじゃない!

学生時代の私に伝えたいことは、「学校で勉強したことは、すべて働いてから役に立つことばかり!働いてからもう一度勉強するような二度手間にならないように、勉強したことはしっかり覚えておくこと!」
学校ではテストや検定があるので、その時はイヤでも勉強しましたが、テストや検定が終わったらおしまい…だったような気がします。普段も「勉強しないと、しないと」と思って頑張りましたが、過ぎたら何もしなくなるということではダメだと思います。

今しか出来ないことは思いっきり楽しんで!

働きだすと「学生の時の行事些細なことが楽しかったな~」と思い出すことがあります。なので、同じ夢を追いかけている友達と一緒に、学生時代の毎日を楽しんでください!仕事で悩んだりした時に1番の理解者にもなってくれると思います!
社会人になると、あまり会えなくなると思いますが、楽しかったり一緒に頑張った思い出は、社会人になってから自分の糧になります!とにかく今は楽しんで勉強もしっかり頑張ってください!
(大阪ベルェベルビューティ&ブライダル専門学校卒業)



基礎知識は今のうちにえておきや!

サロンでは経験豊富なプロフェッショナルな先輩方が、学校や教科書では教えてくれないことをたくさん教えてくださいます!
知らないことをたくさん学べる環境はすごく楽しいですよ!基礎知識は今!学生のうちに習得しておきましょう!
そうすれば、プラスアルファのことを教えてもらえてさらに成長できるで!

体調理も仕事のうち!!!

学校は休めば自分がするだけ。アルバイトは代わりを探せばいい。
でも仕事はそうは行きません!!
仕事を休めばサロンにもお客様にも迷惑がかかってしまいます!
体調管理をしっかりすること!
体調管理もお客様にお手入れ入るための立派なお仕事です!!
(ミス・パリエステティック専門学校卒業)



大人の言うことも聞いておくこと!

実際に働いてみて感じることは、「やっぱりもっと勉強しておけばよかった…」。学生の頃に一度は聞いたことがあるこの台詞。「勉強できるのは学生のうちだけよ!」って、よく大人の人が言ってました。学生の頃は、正直ピンときていませんでしたが、いざ社会に出て働いてみると、自分がそう思うことが増えました。
学生時代は学校とバイトで時間も限られていたけど、でも遊びたい そんな状態を自分では「忙しくって一杯一杯と思っていました。

学生時代の時にしか出来ない事をしよう

社会人は学生より時間が無く、慣れないことばかりで疲れるし、余裕もありません。24時間じゃ足りないくらいで1日があっという間に過ぎていきます。
そう思うと、学生には時間があります。時間を有効に使えば、勉強時間なんていくらでも作ることができたと思います。遊ぶことも大切だけど、学生の間に時間の使い方や勉強できる時間をもっと大切に!そうすると社会に出たときに、少しでもゆとりを持って働くことができるんじゃないかなと思います。
(ミス・パリエステティック専門学校卒業)



もっと強していたらよかった…!

働いてみて1番思ったことは、学生時代にもっと勉強していたらよかった!ということです。学生時代では基礎を学ぶことができる。それはその時しかできない。仕事になると基礎は当たり前になってるのでそれ以上を求められるから基礎がわかってないと一歩遅れてると思いました。なので学生時代に教えて頂くことは一つ一つ自分の大切な知識になり自信になりました。

間の使い方を学ぼう!無駄を作らず大切に

仕事をしていく上で自分の時間を作るのも難しくなったので、学生時代に作れる時間を大切にして何をまずすべきか考えて行動するべきだと思います。
1時間や30分すら無駄に使わず、時間をどう使うかは自分次第なのでもったいない時間の使い方をしないようにする。仕事をする上で合間時間を上手く活用しなさいと言われます。なので時間の使い方も大切になるのでそれを学生のうちからやっていると仕事をする上でも優先順位をつけれるようにもなるのでよりよい仕事をできるようになると思います。
(大阪ビューティーアート専門学校卒業)



勉強できる時間はありがたいこと!ときにはびも我慢しよう

まず、勉強する時間があるのはすごくありがたい事だから、遊ぶのを我慢して勉強しよう!と言いたいですね(笑)
サロンに出てからも、覚える事や学ぶことはたくさんあります。だけど、勉強する時間はなかなかれないです。遊びたい気持ちも分かるけど、そこをぐっと我慢して今頑張ってみてください!私は、あの時勉強しとけばよかったなぁ〜。とすごい思います。いまの努力が社会人になってからの自信になります!!

エステティシャンは体力のいる仕事!力づくりと調管理が大切

1番大事なのは体調管理と体力づくり!!
サロンに出るようになってから実感するのはエステティシャンは本当に体力のいる仕事だなと思いました。一日中動き回って、施術後は汗びっしょりになることも(笑)。そのかわり、達成感はすごいあります!!

そういう大変な仕事だからこそ体調管理もしっかりしないといけない!
1日でも休むとお客様にも先輩にもすごい迷惑がかかってしまいます。私も実際、体調崩してお休みしてしまった時はすごく実感しました。
だから学生の頃から、眠、事、力づくりにちょっとでも気をつけて生活してみてください!!
(ミスパリエステティック専門学校卒業)




毎日必死だった学生時代。それでももっと勉強した方がよかった!

今でも昨日のことみたいに鮮明に学生時代の事、たくさん覚えています。
毎日学校に行けば、たくさん友達がいて、勉強を教えてくれる先生がいて、たくさん遊んで、時には友達と勉強したり、周りに恵まれて毎日充実していたんだなと今思います。

その時は学生なのは今だけ!と思って後悔しないように毎日必死に過ごしていましたが、社会人になってみると、あの時ああしてたらよかった、こうしてればよかったって、世間でいう、たらればな事ばかり思います。
だから学生時代に戻ってその時の自分ともし話が出来るのなら、「もっと勉強した方がいい!」とぜひ言いたい(笑)

もちろん学生の時も資格試験を取るためにたくさん勉強をしました。
その時の自分も一生懸命頑張っているんだけど、社会に出てエステティシャンとして働くにあたってもっと頑張らないといけなくて、今まで以上の知識が必要で毎日勉強の日々です。
でも働きだすと、慣れないことばかりで、家に帰ると疲れてすぐ寝てしまうし中々勉強する時間ってありません。

だからたくさん学べる今を大事に過ごしてください!
学生時代に学んだ事、こんなの将来使うのかなって思う事、わたしもたくさんありましたが、大丈夫!全部役に立ちます

何事も素直に一生懸命取り組む姿勢が大切

あとは社会人として、1番重要な事は何事も一生懸命で素直であることだとわたしは思います。失敗すると落ち込んだり、褒められると喜ぶ、注意されたら素直に受け止める!なんでも一生懸命な事が相手に伝わればスタッフの方もその分たくさんの事を教えてくれます。

最初はがむしゃらに頑張るしかないですが、それが伝わって仕事を任された時は最高に嬉しいです!専門学校では挨拶返事メモをしっかり取る事はもちろん、なんでも一生懸命に取り組む事を特に学んだのでそれが今でも役立っています。
なので学生時代に頑張ってした事で無駄な事は一つもありません!
(神戸ベルェベル美容専門学校卒業)


目標を持ち、全力で取り組むことが大事!

学生時代の私に今声をかけるならば目標としている事を全力で取り組みなさい」です。
小学校の時に1度は聞かれたことがある将来の夢は何ですか?」という問い。その問いにずっと疑問を持っていました。しかし今ならその意味がわかります。

私は、小学生の時にその問いを先生から投げかけられ「バスケット選手になる」と答え、毎日全力で取り組んでいました、意味もわからないままです。
しかし、全力で取り組んでいる中で自分の中でやりがいというものが生まれました。努力すればなにかが変わると思ってやっていました。

中学校に入り、自分の努力ややりがいの的が、「バスケット選手になる」から「美容部員になりたい」という気持ちに変わりました。中学校、高校にかけて、いろいろな苦難がありながらも、諦めずに全力で努力し続けていました。すると、美容部員の延長上にあるエステティシャンになることができました。

初めに全くなれると思ってなかったバスケット選手でしたが、一つひとつの努力できることをこなしながら、何かの目標に向かって頑張り続けていた結果が、今にあると思います。
なので学生時代の私に「今目標としている事を全力でそのまま取り組みなさい。」と言ってあげたいです。
(日章学園高等学校トータルエステティック科卒業)

専門学校生も大学生・高校生も大歓迎!

エントリーフォーム